矯正歯科 | 豊橋でかみ合わせ治療に取り組む 酒井歯科医院 不正咬合と異常咬合の改善に取り組みます

豊橋でかみ合わせ治療に取り組む
酒井歯科医院
不正咬合と異常咬合の改善に取り組みます

矯正歯科

矯正治療

歯列矯正は歯並びを綺麗にすることが目的になりますが、その治療方法は様々あります。

ここでは当院で行っている矯正治療について説明します。

マルチブラケット法

1本1本の歯にブラケットとよばれる金属を接着し、そこにワイヤーを通して歯を移動させる方法です。一般的に矯正治療というとイメージされることの多い方法だと思います。

当院では早い場合で糸切り歯(犬歯)が生えてくる9歳ころ、多くは永久歯に生え変わった14歳くらいから開始します。年齢の上限はないので、成人後でも開始することができる方法です。

基本的に現状ある顎の骨の大きさに合わせて歯を並べるという考え方をしますので、抜歯が必要になる場合があります。また顎の骨の不調和が歯並びだけで改善できない場合は手術が必要になることがあります。手術を伴う矯正治療は保険適応になる場合もあるため、矯正専門医にご紹介します。

治療期間は2年が一つの目安になります。

矯正治療終了後、歯は必ず後戻りするため保定装置という、後戻りを防ぐ装置の装着が必要となります。

費用400,000円~

顎顔面矯正

歯並びの乱れは顎の骨が小さいことが原因となることから、骨そのものの成長を促進してしっかりと歯の並ぶスペースを確保していこうという考え方の治療です。

骨の成長に合わせて装置を装着し成長を促します。上あごの骨(上顎骨)の成長はおよそ5歳がピークであり、下あご(下顎骨)の成長のピークはおよそ12歳であることから、治療開始の時期はこの5~8歳くらいまでの間に限定されます。

上顎骨の拡大は鼻の空洞も広げるため、鼻呼吸がしやすくなり近年子供に増えている口呼吸(お口ぽかん)や慢性鼻炎、いびき、睡眠時無呼吸症候群などの改善に役立つ場合があります。

歯列矯正時の抜歯を避けることができるなどメリットの多い方法ですが、同時に賛否両論ある治療でもあります。

デメリットとして顎骨の成長が落ち着いてくるまで治療期間となることから、治療期間が長期にわたること(5年~)。歯並びを整える治療ではなく、顎骨を成長させる治療であることから、歯並びがきれいになるとは限らないこと。もともと上顎骨の大きい子には適応できないことなどがあげられます。

費用300,000円~

プレオルソ

「プレオルソ」子供歯並び矯正法は、口周りや舌の筋肉の力を有効活用したり、異常な筋の力を排除する事によって歯並びを整える「機能的顎矯正装置」をベースに 柔らかく弾性のある素材で作られた「プレオルソ装置」を使用した矯正治療です。

口周りの筋肉の機能を改善する訓練を行うことができ、歯並びだけでなくかみ合わせの改善、お口ぽかんの改善など、子どもを健康な体へ導くことを目的とした矯正法です。

適応年齢は、自分で装置を取り外しできる3歳~およそ9歳となります。家にいるときと寝ている時に口腔内に装置を入れてもらいます。また、装置の使用とともに口腔周囲の筋肉トレーニングも行う必要があります(あいうべ体操など)。

一年を目安に治療を行います。

費用:30,000円~

CONTACT

PAGE TOP