豊橋で小児歯科とかみ合わせ治療に取り組む
酒井歯科医院

小児歯科

当院小児歯科の基本方針

小さなお子さんにとってはじめてかかる歯医者さんは怖いと感じるものです。当院ではお子さんのできる範囲で虫歯の治療や予防処置を行っています。
①虫歯の治療
治療に使用する道具の説明や口の中で水を出して吸う練習など、歯科治療に慣れてもらうことから行います。極力無理に治療をすることはしませんが、痛みが強いなど緊急時には治療を優先することがあります。治療が難しいお子さんには色が黒くなりますが、サホライドという薬で虫歯の進行を止めることができます。
虫歯の大きさによって詰める治療やかぶせモノの治療が必要となるのは成人の虫歯治療と同様です。
②歯肉炎の治療
歯磨き不足や不規則な食生活によって歯ぐきが赤く腫れることがあります。歯磨き指導や、間食の選び方、歯石除去などを行います。
③歯並び
下あごを突き出す癖や指しゃぶりなどの癖が原因で歯並びが乱れることがあります。悪い癖が疑われる場合には説明します。矯正治療が必要と考えられる場合には、矯正治療をご案内します。
④予防
はえ変わったばかりの永久歯にはフッ素を塗布することで歯質を強化することができるため、希望される方には定期的な塗布をお勧めしています。また、歯の溝が深く虫歯になりやすい部分を予防的に充填するシーラント治療も行っています。 

またお子さんが生まれる前、妊娠中のお母さんの診察も行います。妊娠中、出産後はお口の環境も変化しやすく、安定した時期(妊娠5~8ケ月)に歯科治療を受けておくことをお勧めしています。 
歯ブラシ指導
シーラント
妊婦治療

細菌検査

虫歯のなりやすさは食事の内容や歯ブラシのやり方などに加えて、個人の持っている虫歯菌の種類と量が関係します。
当院ではより効果的な虫歯予防を行うため、細菌検査を行っています。
費用:3000円
(検査には食事内容の確認や採取した細菌の培養などで一週間程度お時間をいただきます)

CONTACT

PAGE TOP