豊橋で小児歯科とかみ合わせ治療に取り組む
酒井歯科医院

歯周病と体の健康

歯周病と全身の健康

これまで当ページでは、う蝕や歯周病の進行により歯を喪失することが咀嚼能力を低下させ、全身の健康や寿命に影響を及ぼしていることをお伝えしてきました。

しかし近年口腔疾患の中でも、歯周病という病気そのものがいくつかの全身疾患と関わり合いがあることが明らかとなってきました。具体的には、心臓血管疾患(動脈硬化、心筋梗塞など)、糖尿病などがあげられています。つまり、ある程度以上歯周病は、動脈硬化のリスクを高める、糖尿病による血糖値のコントロールを悪化させる、と考えられています。

当ページでは歯周病とはなにか?ということから、全身との関連性のメカニズムをお伝えしていく予定です。

歯周病とは

歯周病(歯槽膿漏)は虫歯と並ぶ歯科の2大疾患です。虫歯が歯そのものを溶かしていくのに対して、歯周病は歯の周りにある歯茎や歯槽骨(歯を支える顎の骨)を溶かしていきます。歯の周りの病気なので、歯周病です。ちなみに、全部の歯を抜いてしまえば歯周病にはなりません。総入れ歯の方は歯周病にはならないわけです。

歯周病は初期には歯肉炎をおこします。歯肉が赤く腫れ、歯ブラシなどの刺激で出血しやすくなります。むず痒いような違和感がある場合もあります。この時点で症状が治まればそれ以上進行することはありませんが、歯肉炎が長期化すると炎症は徐々に歯槽骨へと及んでいきます。

歯槽骨に炎症が及んでも、しばらくは歯肉炎と同じ症状が続きます。しかしある一定以上歯槽骨の破壊が進んでしまうと、歯茎から膿がでる、歯肉が大きく腫れる、硬いものを噛むと痛む、などが出てきます。重症になると、歯がぐらつく、歯肉が腫れて痛み、なにも噛めない、という状態になっていきます。隣の歯にも影響を及ぼす場合もあります。

歯周病はsilent disease(静かな病)とも言われ、よほど重症にならない限りは痛みがないのが特徴です。しかし重症まで進行してしまうと治療は難しく、抜歯せざるをえないことが多くなります。重症化する前に対処することが大切です。歯茎に違和感を感じたら早めに歯科医院を受診し、検査をうけることで進行状態を把握することができます。

歯肉炎
軽度歯周病
中等度歯周病
重度歯周病

歯周病が全身と関わる理由1

前回は歯周病がどういう病気であるのかお伝えしました。今回は、口の中の病気である歯周病がどういった方法で、全身に影響しているのかをお知らせします。

問題は歯周病菌と呼ばれる細菌にあります(種類はたくさんありますが、今回はまとめて歯周病菌とします)。歯周病は歯周病菌が歯と歯茎の境目にある歯肉溝(下図参照)、に住み着くことで始まります。そこで歯周病菌は数を増やし、バイオフィルムと呼ばれる集団を作ります。このバイオフィルムは強力で、うがいをしたくらいでは流されず、抗生物質を服用しても完全な排除は困難になります。確実な除去方法は機械的な清掃(歯ブラシ)ですが、歯肉溝という非常に清掃が難しい場所であるため、しばしば歯科医院で専用器具を用いた清掃が必要になります。

歯肉溝に生息する歯周病菌が全身に影響を与える経路は2つあると考えられています。

1つは、歯周病菌が直接血液内に侵入するというものです。歯肉溝内でバイオフィルムを形成した歯周病菌は歯肉に炎症を起こします(前回で歯肉炎として説明したもの)。炎症を起こしている歯肉は赤く腫れますが、これは歯周病菌の出す毒素に歯肉が反応して、毛細血管が拡張し、血管の透過性が亢進するために起こります。つまるところ、歯肉炎を起こしている歯肉の血管は、ゆるみがあり、出血しやすく(破れやすく)、そのゆるみは歯周病菌が体内に侵入する入口になっているとするものです。そうして、血管内に侵入した歯周病菌は心臓の血管壁などに生息し、血管を肥厚させ動脈硬化に関与すると考えられています。

歯周病が全身と関わる理由2

歯周病が全身と関わる経路として、前回は炎症を起こした歯肉の血管から歯周病菌が体内に侵入すると考えられていることをお伝えしました。

前回、歯周病菌のだす毒素に反応して歯肉は炎症を起こすと説明しましたが、体(細胞)は炎症を起こすという反応のために、様々な化学物質(サイトカインと呼ばれる)を放出します。毒があるぞ、細菌がいるぞ、やっつけるやつ(白血球など)を呼べ!破壊された部分を治すために細胞の成長速度を上げろ!集合集合!とまわりの組織にも化学物質で連絡して対処していこうとするわけです。炎症が治まると、化学物質の放出も停止することになります。

しかし、歯周病による炎症が長期間に及ぶと化学物質の放出も長期化し、持続的に血中に移行して全身に影響を与えている可能性があります、これが2つめの経路です。

この経路は特に糖尿病との関係が説明されています。歯周病によって放出される化学物質のうちTNF-αという種類のものは、歯周病においては感染防御などの伝達をしますが、全身においてはインスリン抵抗性を引き起こす因子として知られています(血糖値のコントロールが不良となる、詳細は次回お知らせしようと思います。)。

CONTACT

PAGE TOP